電波が悪いかな、と思ったらアンテナ設置を見直す

私たちの日常生活で、電波はあらゆる場面で身近なものになっています。
最近では特に携帯電話などで、「電波が悪いかな」と思ったことのある人もたくさんいるでしょう。
ここでは、テレビを観るための電波に注目してみます。
地上波、BS・CS放送のテレビ番組を観るためには、アンテナが必要となってきます。
アンテナが電波を受信することによって、私たちはテレビを観ることが出来るのです。
このサイトでは、テレビのアンテナ設置のコツをご紹介していきます。
ご参考いただければ幸いです。

テレビが映らなくなる、または映りにくくなる原因としては、テレビ本体の故障、接続するケーブルの接触不良や断線が考えられます。
そうした機器や配線に異常がなければ電波の異常が考えられます。
電波異常の場合は、電波状況の不良、アンテナの故障、アンテナの向きの異常、などが考えられます。
電波の状況は、テレビ本体を操作して、アンテナレベルを確認することが出来ます。
アンテナレベルが低いと電波が弱いということですので、映りが悪くなります。
電波状況は特定のチャンネルだけが悪くなることもあります。
電波異常の場合、アンテナの向きの変更や修理、買い替えで改善されることがほとんどです。

アンテナを確認する際は、専門の業者に、依頼することをおすすめします。
屋根などの高いところに登るのは、危険を伴うことが理由です。
アンテナの向きがおかしくなっている場合は、正常な向きに直します。
アンテナ自体に異常がある場合、もしくは電波状況が悪く、性能の良いアンテナに交換が必要な場合は、アンテナ交換、又は受信した電波を増幅する受信ブースターという機器が必要になってきます。
受信ブースターとは、電波が悪い場合にアンテナと受信機との間に挿入して信号を正常に受信するために使われるものです。



▽特別推薦サイト
地デジアンテナやその他のアンテナの設置を依頼出来る業者のサイトです ... 地デジアンテナ 設置

Copyright © 2014 アンテナ設置のコツ All Rights Reserved.